ペイントセレクト@関西 | 塗装業者一括見積サービス

ペイントセレクト@関西|塗装業者一括見積もりサービス

ジョリパットで塗装してオリジナル外壁に!特徴や注意点を徹底解説

ジョリパットで塗装してオリジナル外壁に!特徴や注意点を徹底解説
a

執筆者:ペイントセレクト編集長

塗装業界での長年の工事経験を元に、外壁塗装に関するお役立ち情報を発信中。読者様に正しい情報を届け、塗装に満足してもらうのが私の使命です。

 

ジョリパットは、デザインが豊富で人気の高い外壁塗装です。味わい深い風合いで、温かみのある外観を演出することができます。おしゃれなお店にも使用されていることが多い塗料です。

 

「個性的なデザインにしたい」「おしゃれな外壁にしたい」と考えている方は、ジョリパットでの外壁塗装を検討してみてはいかがでしょうか?

 

この記事は、ジョリパットの特徴や施工の注意点について解説しています。

 

豊富なデザインの中から厳選したおすすめのデザインも紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

※関西で外壁塗装をお考えの方は、優良業者のみを厳選し、関西最安価格で見積もりをしている(最大65%off)、ペイントセレクト経由での一括見積もりをご検討ください。


ジョリパットはなぜ人気?4つの特徴を紹介

ジョリパットはなぜ人気?4つの特徴を紹介

ジョリパットとは、塗料に砂などを混ぜたヨーロッパー発祥の仕上げ材のことです。日本では1975年にアイカ工業から発売され、広く普及されました。

 

カラーやデザインが豊富な外壁です。
また、外壁だけではなく内壁にも塗装できるので、幅広い用途で使われています。

 

最近ではサイディング外壁の住宅が多くなっていますが、ジョリパットの人気も負けていません。デザイン性や機能性などに優れており、塗り壁の代表的な存在と言えるでしょう。

 

サイディング外壁について、以下の記事で詳しく書いています。


参考記事:サイディング外壁を塗装するなら覚えておくべき5つのポイント

 

この章では、ジョリパットの優れた特徴を4つ紹介します。ジョリパットによる塗り替えを検討している方は、自宅外壁に合った塗料なのかの判断材料にしてくださいね。

 

特徴1.耐候性・耐久性に優れている

ジョリパットの優れた特徴1つめは、耐候性・耐久性に優れていることです。

 

ジョリパットの耐用年数は15~20年で、仕上げ材の中ではもっとも長いことが特徴。塗料の膜が厚いため、紫外線や雨に強く長期間劣化しにくい塗料です。

 

また、柔軟性のある塗料の膜のおかげで、ひび割れしにくいこともポイント。ひび割れを起こしやすいモルタル外壁に塗装しても、動きに追従してひび割れの発生をおさえてくれます。

 

特徴2.防カビ・防藻性に優れている

ジョリパットの優れた特徴2つめは、防カビ・防藻性に優れていることです。

 

日の当たりにくい北面や、湿度の高い地域でも、カビや藻が発生しにくいことが特徴です。普段のお手入れも水洗いのみで問題ありません。水洗いで落ちない場合は、中性洗剤で洗いましょう。

 

お手入れが面倒くさい、汚れがつきやすい住環境の場合は、セルフクリーニング効果がある「光触媒タイプ」をおすすめします。

 

セルフクリーニングとは、太陽光で汚れを分解して雨水で洗い流してくれる効果のことです。きれいな外壁を長期間保つことができ、劣化を防いでくれます。

 

特徴3.人体や環境にやさしい塗料

ジョリパットの優れた特徴3つめは、人体や環境にやさしい塗料ということです。

 

ジョリパットは、JIS規格で定められてフォースターを取得している商品。ホルムアルデヒドの放散量が少なく、人体や環境にやさしい塗料です。

 

ホルムアルデヒドとは室内空気汚染源のひとつで、大量に吸い込むとアレルギー症状を引き起こす危険な物質です。

 

アレルギーや喘息、アトピーを患っているご家族がいる方が、室内塗装にジョリパットを選択することもよくあります。

 

調湿効果や除菌効果、消臭効果を持つ商品も販売されており、万が一ホルムアルデヒドが発生しても吸収、分解できることもポイントです。

 

特徴4.豊富なデザインでオリジナルな外壁をつくれる

ジョリパットの優れた特徴4つめは、豊富なデザインでオリジナルな外壁をつくれることです。

 

ジョリパットは、カラー180色以上、デザイン100種類以上も取り揃えられている商品。好みの色やパターンを組み合わせて、オリジナルな外壁をつくれます。

 

和風住宅にも洋風住宅にも合わせやすいので、住宅街に調和しつつも個性を演出すことが可能です。

 

外壁塗装の色選びについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。


参考記事→必見!絶対に失敗しない外壁の色選び方をご紹介! 

 

以下では、ジョリパットのおすすめパターンを5つ紹介します。

 

【デザイン1】ボーダーパターン

ボーダーパターン

画像引用:横こだち | ジョリパット | 商品情報 | アイカ工業

 

落ち着いた雰囲気の横縞模様で、洗練されたシンプルモダンなデザインです。高級感のあるデザインを好む方に向いているでしょう。和風住宅によく合います。

 

【デザイン2】ソフトパターン

ソフトパターン

画像引用:乱流 | ジョリパット | 商品情報 | アイカ工業

 

緩やかな曲線で、外壁に表情を出すことができます。やわらかい印象を好む方に向いているデザインでしょう。和風住宅によく合うパターンです。

 

【デザイン3】ラフパターン

ラフパターン

画像引用:連波2色[れんなみ2色] | ジョリパット | 商品情報 | アイカ工業

 

コテで波模様に仕上げたデザインで、個性的な外壁に仕上げることができます。シンプルだけど華やかさを求める方に向いているデザインでしょう。和風住宅に合うパターンです。

 

【デザイン4】ローラーパターン

ローラーパターン

画像引用:あやめ | ジョリパット | 商品情報 | アイカ工業

 

ローラーを使用して、さまざまな模様をつけていきます。模様の種類もたくさんあるので、自宅にあったデザインを探してみてくださいね。ニュアンス次第で、和洋どちらにも合わせられるパターンです。

 

【デザイン5】スクラッチパターン

スクラッチパターン

画像引用:クォータームーン | ジョリパット | 商品情報 | アイカ工業

 

規則性のないさっくりとした模様で、落ち着いた雰囲気の中に重厚感をかもし出すデザインです。エレガントな雰囲気を好む方に向いているデザインでしょう。和風住宅にも洋風住宅にもマッチするパターンです。

 

ジョリパットによる外壁塗装の注意点は?

ジョリパットによる外壁塗装の注意点は?

 

ジョリパットの施工方法は、一般的な塗料と作業が異なります。知識や経験がないと施工不良を起こす可能性が高いため、注意が必要です。

 

施工実績が豊富な業者、アフターフォローが充実した業者を選ぶようにしましょう。ホームページなどで、施工事例を確認することをおすすめします。

 

なお、関西にお住まいの方でしたらペイントセレクトで専門業者を探してみてください。多くの業者の中から、ジョリパットの施工実績が豊富な業者を探すことができます。相見積もりも簡単に取れるので、悪徳業者との契約リスクも避けることが可能です。


ジョリパットによる外壁塗装の注意点を、以下で詳しく見ていきましょう。

 

注意点1.高圧洗浄は適切な水圧でおこなう

ジョリパットは、洗浄時の水圧が高すぎると凹凸が崩れる恐れがあります。

 

また、水を吸い込みやすい特性があるので、水圧が高いと外壁材に影響をおよぼすこともあります。

 

適切な水圧は外壁の劣化によって変わるため、業者の知識や施工実績が重要と言えるでしょう。

 

注意点2.浸透性の低い塗料は使用しない

ジョリパットは吸水性が高いため、浸透性の低い「弾性塗料」「微弾性塗料」「防水塗料」を使用すると施工不良が起きてしまいます。

 

ジョリパットに合った塗料を使うことがポイント。アイカ工業から発売されているジョリパット専用塗料「ジョリパットフレッシュ」を使用すれば、安心して塗装することができます。

 

ジョリパット専用塗料でなくても塗装は可能ですが、「弾性塗料」「微弾性塗料」「防水塗料」以外の塗料を選ぶことが大切です。

 

注意点3.ジョリパットの知識が豊富な業者を選ぶ

ジョリパットは塗料の希釈率や乾燥時間など、一般的な塗料と異なる点があります。規定どおりに塗装しないと施工不良を引き起こしてしまうため、知識や経験が豊富な業者を選ぶことが大切です。

 

デザインの仕上がり具合も、職人の腕で左右されます。希望するデザインの施工実績があるか、事前に確認しておきましょう。

 

ジョリパットによる外壁塗装の費用相場

ジョリパットによる外壁塗装の費用相場

 

デザイン性や耐久性に優れたジョリパットの塗装費用は、いくらくらいなのでしょうか。

 

ジョリパットによる外壁塗装の費用相場を、以下にまとめました。既にジョリパット外壁の方も、新たにジョリパットを塗装したい方も、目安として参考にしてくださいね。

 

施工パターン

費用相場(平方メートル)

既存外壁が

ジョリパット

同じデザインの

ジョリパットに塗装する

塗装費用:2,400円~

違うデザインの

ジョリパットに塗装する

塗装費用:2,400円~

土台作業:1,000円~

既存外壁が

モルタル

新たにジョリパットを

塗装する

塗装費用:2,400円~

土台作業:1,000円~

改修専用の塗料を使えば、元のデザインを活かしたまま塗装可能です。毎回同じデザインで塗装すれば、コストをおさえてメンテナンスできます。

 

デザインを変えたい場合や、モルタル外壁から新たにジョリパットを塗装する場合は、土台を平滑にする作業が必要になります。

 

塗料費用とは別に、土台の作業費用がかかることを覚えておきましょう。

 

まとめ:ジョリパットでおしゃれな外壁に!経験豊富な塗装業者に依頼することが重要

ジョリパットでおしゃれな外壁に!経験豊富な塗装業者に依頼することが重要

 

ジョリパットは、カラーバリエーションもデザインも豊富な塗料です。組み合わせ次第で、あなたの個性が光るオリジナル外壁に仕上げることができます。

 

和洋どちらの雰囲気にも合うので、お家のタイプに囚われず塗装を楽しめるのも魅力ですね。

 

ジョリパットで外壁塗装する場合は、経験豊富な業者に依頼することが大切です。一般的な塗料と施工方法が異なるため、知識や技術が要されます。

 

ホームページなどで、事前に施工事例を確認しましょう。


なお、関西にお住まいの方でしたらペイントセレクトで専門業者を探してみてください。多くの業者の中から、ジョリパットの施工実績が豊富な業者を探すことができます。相見積もりも簡単に取れるので、悪徳業者との契約リスクも避けることが可能です。

 


「絶対損をさせない!
お得な塗装業者選びガイド」
無料小冊子プレゼント中!

まずは無料資料を
ダウンロードする

無料でプロに

相場や業者依頼の相談をする

物件種別 必須

お名前 必須

電話番号 必須

お電話でも
ご相談いただけます

06-7639-8597(受付:平日9:00~17:00)